乳首黒ずみクリーム 成分 効果

乳首黒ずみクリームに配合されている成分とその効果について

ここでは、乳首の黒ずみ改善に効果のあるクリームに
配合されている成分とその美容効果について紹介します。

 

 

乳首黒ずみクリームの成分と効果<美白効果>

 

ビタミンC

乳首の黒ずみクリーム 成分 画像

 

美白と言えばビタミンC」と多くの人が知っているほど、
美容効果、美白効果に優れた栄養素です。

 

健康な皮膚や粘膜を保つ働きがあり、抗酸化作用に優れています。

 

メラニン色素の沈着を防いで透明感のある肌に整えつつ、
コラーゲンの合成をサポートする働きがあるため、しわ予防や
ハリを高める効果にも期待されます。

 

ビタミンCの中には、皮膚への浸透力を高めたビタミンC誘導体や
アスコルビル酸Naなど形状を変化させたものもあります。

 

 

トラネキサム酸

 

トラネキサム酸は元々肝斑のシミ治療に効果があるとされている
内服薬として知られてきました。

 

化粧品に使用されているのは「m-トラネキサム酸」というアミノ酸
の一種で、メラニン色素を生成するメラノサイトの活性化を抑制
厚生労働省に有効成分として承認されています。

 

内服薬の場合副作用の心配などもありますが、化粧品として
取り入れる分には問題ないとされています。

 

 

プラセンタ

乳首の黒ずみクリーム 成分 画像

 

動物の胎盤から抽出された美容効果の高いエキスで、肌代謝を
高める効果や保湿効果で知られていますが、実は美白効果にも
優れています。

 

活性酸素の除去やメラニン生成抑制効果があるだけでなく、
過剰に生成されたメラニンの排出を促進して美白効果を高めます。

 

 

アルブチン

乳首の黒ずみクリーム 成分 画像

 

サンタベリーなど植物由来の美白成分。

 

メラニン色素の生成に関わるチロシナーゼに働きかけて、
その生成を阻害する働きがあるので美白効果が期待されます。

 

 

アロエベラエキス

 

200種類以上もの有効成分を含む植物抽出エキスで、肌の水分を
守ったり、ターンオーバーを整える効果があるとされています。

 

また、含有されているアロエシンという成分にはビタミンCと
同様の美白効果があると考えられ、メラニンの合成を阻害して
黒ずみやシミを作りにくくするとされます。

 

 

乳首黒ずみクリームの成分と効果<保湿&整肌効果>

 

ヒアルロン酸

乳首の黒ずみクリーム 成分 画像

 

水分を溜め込む保水力に優れた成分です。
肌にうるおいを保ち、ハリと弾力のある状態へ導いてくれます。

 

元々肌の内部にある成分ですが、加齢などによって減少して
しまうため、外部からの補給が必要です。

 

また、肌だけでなく、目や関節などでもそのうるおいや柔軟性を
保つので健康にとっても非常に重要な成分。

 

 

コラーゲン

 

ヒアルロン酸と並んで、その美肌効果で人気の高い成分。

 

肌の真皮層に含まれる成分で、コラーゲンによって肌のハリや
弾力が生まれるため、しわやたるみを防いでくれます。

 

 

ビタミンE

乳首の黒ずみクリーム 成分 画像

 

抗酸化作用の強いビタミンのひとつで、体内の活性酸素の除去に
役立つため「若返りビタミン」とも呼ばれます。

 

血流を改善して、肌代謝を高める働きがあるため、乾燥やシミの
ない健康的な肌へと整えてくれます。

 

 

スクワラン

 

元々人の体内にも存在する保湿成分。皮脂膜となって肌を乾燥や
外部刺激から守って、うるおいを保つ効果が期待されています。

 

肌の新陳代謝を活性化する働きもあります。