乳首黒ずみクリーム 使い方 副作用

乳首黒ずみクリームの効果的な使い方と気になる副作用

乳首の黒ずみクリーム 使い方 画像乳首の黒ずみを改善してくれる働きのあるクリームは、

美白や保湿効果に優れ、大変人気のあるアイテムです。

 

その効果をしっかりと得るためにも正しい使い方や
副作用について、使用前に確認しておくようにしましょう。

 

 

乳首黒ずみクリームの効果的な使い方

 

使用目安量

 

商品ごとに使用目安量が記載されているので、それに従って
使用するようにしましょう。

 

少なすぎると十分効果が得られませんし、多すぎても
成分が浸透しきれずもったいないので、適量を守るようにして
使うようにしましょう。

 

 

使い方

乳首の黒ずみクリーム 使い方 画像

 

多くのクリームでは、朝・夜の1日2回使用することが勧め
られているので、それに従いましょう。

 

大切なのは清潔な肌に使用すること。
乳首はもちろん、クリームを塗布する手指もしっかりと洗い、
清潔な状態で使用するようにしましょう。

 

また、塗布する時は力を入れず摩擦が起こらないように優しく
塗るようにして下さい。しっかりと塗り込みたい場合でも、
強くこすらないよう、指の腹でクルクルと円を描くように
しましょう。

 

 

使用期間

 

残念ながら黒ずみを解消する効果のあるクリームには、あまり
即効性は期待出来ません。

 

肌を保湿して代謝を促進し、さらに美白成分を浸透させる…
という方法で根本的に黒ずみを解消するため、効果を得るためには
ある程度の時間が必要です。

 

肌のターンオーバーが行われることを考えて、最低でも3か月
程度は継続的に使用してから判断するようにしましょう。

 

 

ポイント

乳首の黒ずみクリーム 使い方 画像

 

乳首だけでなく、ビキニラインやワキ、ひじ、ひざ、くるぶし
など全身の黒ずみが気になる部分に使えることが多いと思いますが、
色々な部位に使用する場合は、ひとつの部位ごとに手指を
清潔にするとより安心です。

 

特に汗をかきやすく雑菌が繁殖しやすいワキやビキニラインに
使用する時は注意しましょう。

 

 

乳首黒ずみクリームの副作用について

 

基本的に副作用の心配はなし

 

乳首の黒ずみを解消するために開発されたクリームの多くは、
デリケートな肌にも安心して使えるように、添加物を使用しない
安心処方でつくられているため、副作用の心配や危険性は
ほとんどないと考えられています。

 

ただし、実際に使用して肌に異常や変調があればすぐに使用を
中止して、皮膚科専門医などにご相談下さい。

 

 

妊娠中、授乳中の使用は控える

乳首の黒ずみクリーム 副作用 画像

 

妊娠中や授乳中は特に肌がデリケートになりがちなので、
使用可能と明記されていない商品の場合は、念のため使用を
控えるようにしましょう。

 

また、添加物などを使用しない肌に優しい処方でも赤ちゃんの
口に入ることを想定していない場合もあるので、授乳中使用する
場合は、授乳前に拭き取ったり洗い流すようにして下さい。

 

 

アレルギー体質の方は原料を事前に確認

 

乳首黒ずみクリームには、さまざまな美容効果のある成分が
配合されています。そのため、植物アレルギーをお持ちの方などは
原材料をしっかりとご確認頂き、心配な場合は使用を控えましょう。

 

また、使用部位に湿疹や傷、赤みなどがある場合は使用を
避けるようにして下さい。